株を買ってみました

マネー

先日インデックスファンドのタイプの投資信託を買った記事を書きました。ただ、投資信託は普通は長期に渡って保有して運用するので、頻繁に売り買いするものではないんですよね。値は動きますが、売り買いするわけではないので、ちょっとつまんない感じと言ったら不謹慎でしょうか。

そこでこれまた少額ですが、株を買ってみました。

株を買ってみた

株を買うと言っても私は資産家でもなんでもないので、ごくわずかの資金しかありません。通常、株は売買単位が100株とかからじゃないと売ってくれません。ですが、最近ではミニ株とかいろいろありますよね。私のお世話になっている証券会社では単元未満株注文という形で、売買単位未満の株数で買うことができます。それを使って某大手家電量販店の株を買いました。

素人なりの理由

なぜ家電量販店の株を買ったかというと、やはり今年に入って、コロナの影響がありますよね。最近は少し変わってきたようですが、まだまだ人々が家にいる時間が長くなる傾向は今後も続くと思ったからです。夏はもうすぐ終わりますが、冬になれば暖房が必要でしょうし、家庭向け電化製品の需要はそんなに下がらないんじゃないかなと思いました。

NISAも使える

投資信託を買った時は、ノーロードという、買うときの手数料がかからないものを買いましたが、株は手数料がかかりました。ただ、投資信託と同様、NISA口座内に持てますので、枠内であれば株を持てます。また売って利益が出ても税金はかかりません。微々たるものだとは思いますが、配当金も出ます。これも非課税ですね。

ちなみにNISAは2024年から制度が変わって新NISAになる予定です。現在のNISAの利用は2023年までとなり、その後自動的に新NISAへと移行することになるそうです。

参考サイト

NISAは確定申告が不要?非課税のメリットを受けるには?
株や投資信託で利益を得た場合、確定申告が必要ですが、NISA(少額投資非課税制度)なら非課税かつ確定申告が不要です。しかし、NISAでも配当金の受け取り方法によっては非課税にならない場合があります。ここではNISAを確実に非課税かつ確定申告不要にする方法について解説していきます。
要注意!みんなが見落とすNISA株の売り時 | トウシル 楽天証券の投資情報メディア
 投資してから5年間は売却益や配当金が非課税になる「NISA」。でも、税優遇を意識しすぎて投資戦略を変えてしまっていませんか? 皆さんは、「NISA(ニーサ)」をご存知でしょうか。これは、年間120万円までの投資枠につき、その後5年間の売…
延長?新NISA? 複雑化するNISA制度について解説します | Crowd Realty クラウドリアルティ
NISAやiDeCoを利用した投資信託、クラウドリアルティのサービスである不動産クラウドファンディングなど、投資のかたちは多様化しています。今回ご紹介するのは、2024年「新NISA」として刷新されることが発表された少額投資非課税制度「NISA」。 そもそもNISAとはどういう制度なのか、これから投資を考えている方に...
にほんブログ村 投資ブログ お金(投資)へ
にほんブログ村