スポンサーリンク

軽量Linux/Zorin OS 15.3 CoreにWordPressのローカル環境を作る

Wordpress

どうも、春雨(@harusame)です。

今回はZorin OSをインストールしたPCのローカルに、Wordpressをインストールする方法を書きたいと思います。Zorin OS 15.3はubuntu 18をベースにしているようです。

目的は、自分だけの日記用やテスト環境として使うことです。インターネットに公開するにはルーターのポートを開けたりしないといけなくて、危険なので私はしません。ローカルの外のパソコンからは記事を投稿したり、閲覧することはできます。

Zorin OS 15.3のインストールはこちらを参照してください。

以下は自己責任でお願いします。

WebサーバーApacheをインストールする

まず管理者権限にして、タイムゾーンを設定する

sudo su -
timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

Apacheをインストールする

apt -y update
apt -y install apache2
systemctl enable apache2
systemctl start apache2

Apacheをインストールし、PCを立ち上げたときに自動的に起動するよう、設定するコマンドです。

webブラウザで、Zorin OSのサーバーのプライベート・IPアドレスにアクセスしてください。

このような画面が開いたら、Apacheは正常にインストールされ、動作しています。

PHP7.4をインストールする

Zorin OS15.3で通常にPHPをインストールすると、PHP7.2がインストールされますが、Wordpressはなるべく新しいバージョンで動作させたほうがいいと思うので、7.4をインストールします。

まず、以下のコマンドを実行します。

apt-get update
apt -y install software-properties-common
add-apt-repository ppa:ondrej/php
apt-get update

PHP7.4をインストールします。

apt -y install php7.4

バージョンを確認します。

php -v

PHP 7.4.13 (cli) (built: Nov 28 2020 06:24:43) ( NTS ) Copyright (c) The PHP Group Zend Engine v3.4.0, Copyright (c) Zend Technologies with Zend OPcache v7.4.13, Copyright (c), by Zend Technologies

上記のように表示されればOKです。

MariaDB 10.1 のインストール

WordPressに必要なデータベースをインストールします。

次のコマンドを実行します。

apt -y install mariadb-server mariadb-client
systemctl enable mariadb
systemctl start mariadb

バージョンを確認します。

mariadb -V

mariadb Ver 15.1 Distrib 10.1.47-MariaDB, for debian-linux-gnu (x86_64) using readline 5.2

バージョン15.1がインストールされました。

スポンサーリンク

WordPressのインストール

WordPressをインストールします。

ダウンロード
WordPress を今すぐダウンロードし、世界で最も強力で、有名で、拡張性の高いプラットフォームの一つを使って、サイトを作り始めましょう。

からWordpressの.tar.gzファイルをダウンロードします。2020年12月6日時点ではバージョンは5.5.3でした。とりあえずダウンロードフォルダに保存します。

このファイルをApacheのドキュメントルート、 /var/www/html にコピーします。

cp /home/ユーザー名/ダウンロード/wordpress-5.5.3-ja.tar.gz /var/www/html/wordpress-5.5.3-ja.tar.gz

コピー先のディレクトリに移動します。

cd /var/www/html/
ls

でwordpress-5.5.3-ja.tar.gzがあることを確認してください。

ファイルを解凍します。

tar xvf wordpress-5.5.3-ja.tar.gz

そのあと次のコマンドを実行してください。

chown -R www-data:www-data .

WordPress用データベースを作成する

文字コードUTF8でデータベース wordpress を作成します。

WordPress用のデータベースを作成する

mariadb
CREATE DATABASE wordpress DEFAULT CHARACTER SET utf8;

WordPress用のMariaDBユーザーを作成する

GRANT ALL ON wordpress.* TO wordpressuser@localhost IDENTIFIED BY 'password';

上記では wordpressuser というユーザー名になります。パスワードは変更して設定してください。

次に以下のコマンドを入力します。

FLUSH PRIVILEGES;

WordPressの初期設定

webブラウザで、WordpressをインストールするPCのプライベート・IPアドレスを使ってアクセスします。

xx.xx.xx.xx/wordpress

(xx.xx.xx.xx)←プライベート・IPアドレス

すると Wordpressへようこそ の画面が出ます。「さあ、始めましょう」ボタンを押します。

あとは、先程設定したデータベースの名前、ユーザー名、パスワード、データベースのホスト名は localhost 、テーブル接頭辞は wp_ と入力し、送信ボタンを押します。

もし下のような画面になってしまったら

/var/www/html/wordpress/wp-config.php

に枠内の全ての文字をコピペして保存してください。

うまく行かない時は端末に戻って、

cd /var/www/html/wordpress
sudo cp wp-config-sample.php wp-config.php

と入力し、下のようにwp-config.phpを書き換えます。

sudo leafpad wp-config.php

あとはWordpressで作るブログのユーザー名、パスワード、タイトルなどの設定です。

以上でZorin OSのローカルにWordpressをインストールできました。

お疲れ様でした。

まとめ

  1. webサーバーApacheをインストールする
  2. PHP7.4をインストールする
  3. データベースMariaDBをインストールする
  4. WordPressをインストールする
  5. WordPress用データベースを作成する
  6. プライベート・IPアドレスをブラウザに入力し、Wordpressの初期設定をする

参考サイト

Ubuntu 18.04 LTS に WordPress 5.3 をインストール - Qiita
Ubuntu にLAMP(Linux/Apache/MariaDB/PHP)環境のインストールを行う手順を以下に記します。 タイムゾーンの変更 sudo su - timedatectl set-timezone Asia/T...
PHP 7.4 を Ubuntu 18 / 19 などにインストールする方法 at softelメモ
問題 Ubuntu18にphp7.4をインストールしたいです。 デフォルトではphp7.2みたいなので。 答え Ubuntu 19 / 18 /16 あたりはこれでphp7.4をインストールできる。 PHP PPA Re ...
Blog Tool, Publishing Platform, and CMS - WordPress
Open source software which you can use to easily create a beautiful website, blog, or app.