スポンサーリンク

Zorin OS 16 Core で EPSON EW-052A を使う

プリンタメーカー各社からLinux用プリンタ・スキャナドライバが配布されています。

新しく安いプリンタ、EPSON EW-052Aを買ったので、Zorin OSで使えるようにしてみました。

プリンタドライバのダウンロードとインストール

日本語のサイトにはEW-052Aは見当たらなかったのですが、こちらで検索したところありました。

こちらからESC/P-R Driver (generic driver)Epson Printer Utilityをダウンロードします。

64bitなので、プリンタドライバはepson-inkjet-printer-escpr_1.7.17-1lsb3.2_amd64.debを、ユーティリティはepson-printer-utility_1.1.1-1lsb3.2_amd64.debをダウンロードし、ソフトウェアで開き、インストールします。

対応機種がたくさんあるので、ほかのプリンタでも使えるドライバがありそうです。

ドライバをインストールしたら、設定から「プリンタ」を開きます。

プリンタを追加」をクリックし、目的のプリンタが出てきたらそれを選択します。出てこない場合は(今回のようにUSBではなく無線で接続する場合)下にネットワークアドレスを入れる欄があるので、ルーターかスマートフォンに入れたアプリでネットワークアドレスを見て入力します。そうすると出てくるのでそれを選択します。

問題なければ右の歯車マークを押して「デフォルトのプリンタ」に設定したりします。

準備完了などになっていない場合は「追加のプリンターの設定…」ボタンを押します。

プリンタを右クリックして「プロパティ」を選択します。

「デバイスURI」の欄に

lpd://192.168.xx.xx:515/PASSTHRU

(xx.xxはお使いのプリンタのURI)と入力するか、右側の「変更」ボタンを押して、左の欄の「ネットワークプリンター」から、dns〜というのを選んでみてください。

テストプリントをしてみて、できたら成功です。

スキャナソフトのインストール

先程のページからスキャナドライバのダウンロードページに飛べるのですが、私は下のページからダウンロード・インストールしました。

Zorin OS 16はUbuntu 20.4がベースなので、Ubuntu 20.4(LTS)を選択します。

ダウンロードしたら展開し、展開したフォルダを開いて中で右クリックをして端末を開き、

./install.sh

を実行します。

インストールが終わるとスタートメニューボタンから「グラッフィック」に「epsonscan2」というのがあると思うので、それを開きます。最初URIを入れれば接続されます。

まとめ

Zorin OS 16 で EW-052A を使うには、EPSONのページからドライバやソフトをダウンロード・インストールし、設定をします。ほかのEPSON製プリンタや他社製のプリンタでもLinux用のプリンタドライバやスキャナソフトを配布していると思うので探してみてください。

スポンサーリンク